加圧ストッキングが手放せない

仕事柄ストッキングを毎日履くという者もいると想うんだけど、私も手放せない物品の1つです。

しかも普通のストッキングじゃなくて、加圧品じゃないとNo。

素足でいたり、ストッキングを履かずに靴下だけで過ごしているという、夕暮れにはヒザから下の点が満杯になっちゃうんです。

いつからこんな風になるようになったのかは思い付かんだけど、仕事をするようになってからかな?

重いときは早朝履いていた靴が入らないこともあるから、加圧品は欠かせません。

ストッキングでなくても、ハイソックス品もあるからわかりやすさもすばらしいし、履いていると凄い気持ちがいいので、毎日使っています。

やはり毎日使うとなると、少々分量が必要になってくるから、普通に靴下を履いていらっしゃるよりも支払が多くなっちゃうんだけど、乗り物がパンパンになって嫌な思いをするよりはいいですからね。

一番いいのは、そうならないようにトリガーを突き止めることが大事だと思っているけど、当分はこういう加圧品にケアになりそうです。

加圧ストッキングが手放せない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です